むくみを解消する成分が豊富に含まれたサプリを飲もう

  1. ホーム
  2. 医療大麻を使うには

医療大麻を使うには

錠剤

オイルで医療大麻を使う

大麻と聞くと違法薬物であり、所持したり育てたりするだけで罰される、恐ろしいものだという考えの方が多いでしょう。実際に大麻を吸引すると精神を活性化させてしまい、異常なハイテンション状態になったり、酩酊状態に陥ったりします。しかし、世界では大麻が合法の国も多く、医療現場で治療として用いられている国も意外と多いのが現状です。実際に日本でも戦前はあちこちで大麻が栽培されており、GHQが禁止するまでは民間療法などでも大麻を用いているものがありました。現在は大麻取締法により、大麻を入手して使うには難しい状態ですが、大麻の茎や種子はその大麻取締法からは除外されているので、茎から抽出したCBDオイルは使うことができます。CBDオイルは産業大麻から抽出されたオイルを指し、精神を活性化させるような作用はなく安心して服用することができるオイルです。うつやてんかんの症状を改善させる効果があるとされていて、服用すると落ち着いた気分になったり、体が安らいだ状態になると言われています。また、最近はガンの治療にも素晴らしい効果があるということが分かってきており、日本でも少しずつ研究が進められています。CBDオイルに含まれるカンナビノイドがガンを抑制する仕組みを持っており、抗ガン剤のようにきつい副作用もなくガン細胞を減らしていくことができるというものです。CBDオイルを用いた治療は保険適用外ですので、今試したいと考えているなら自費で購入する必要がありますが、いつか医療現場で当たり前のように使われる日がやってくるかもしれません。